基本呑み歩き 横浜~野毛~そして時々都内 美味しいものを求めてどこまでも。
http://nk11723.blog45.fc2.com/
これがあの名酒場~武蔵屋~@横浜 野毛
梅雨の晴れ間が続いて、もう梅雨明け?って思ったら



甘かった・・・



蒸し蒸し、ジメジメで気持ち悪いですね。



数時間でお洗濯ものが乾く、夏の太陽が待ち遠しい!!



話しは変わって、わたしがずーっと前から行きたい、行きたいと



熱望していた、野毛の名店。



開店しているのも週に3日、そして20時半には閉店してしまうという



夜が遅いわたしには、なかなか敷居が高かったの。



でも、少し待てば入れることもある。との情報を得て、



是非一度!! と並んでみることにしたのよ。



幸か不幸かこの日はどんよりの梅雨空で、客足が遠のいてたんでしょうね。



わたしにはラッキー。待つことなく店内に案内してもらったの!!



時間は18時過ぎ。いい時間。


DSC09891.jpg


通してもらった席も、小上がりの一番奥。 なかなかいい席だわ。



店内は、ここだけ時間が止まったかの様。



DSC09879.jpg
木造の1軒屋の古い壁が、いい色に光ってる。



いったい何人のお客さんがここを出入りしたんだろう?




小上がりは、畳の和室に、高さ20センチほどの長く細いテーブル。



奥へどうぞ、と言われてもテーブルをまたがないと奥へ行けないの。



お行儀が悪いけど、ちょっと失礼。



エアコンがあるけれど、付いておらず、窓が開いていて雨音が聞こえる。



蒸し暑いけど、この状況には、これが心地良い気がするわ。



DSC09877.jpg
最初、ビールを頼んだら出てきた塩豆と南京豆。



ぐるりと周囲を見渡すと、他のお客さんは、このお店と同じくらい



年配の方ばかり。スーツ姿が少ないのを見ても、退職されて自由人なのかしら。



隣に座った初老のお客さんが、わたしみたいな若輩者の客に驚いたのか



「あなたみたいに若い人が珍しいね~」と声をかけてくれたの。



DSC09875.jpg
1品目は『おから』
わたしはおからが大好きで、家でよく作るけれど、
わたしが作るおからとは違うわね。
どっちが美味しいとか、そういうのではなく、ここのおからは
ずーっときっとこの味なんだろうな。



こちらのお料理は決められたお料理がお酒と一緒に出てくるの。



お酒は3杯まで。



それ以上はお家に帰って、奥さんの手料理でね。って心遣いかしら?



お隣のお客さんと野毛について語りながら、ちびり。



DSC09876.jpg
2品目は『酢玉ねぎ』酸っぱすぎず、玉ねぎも辛過ぎず
なんかほっとする味



DSC09878.jpg



さて、お酒にしましょうかね。



店員さんがびっくりするくらい若い男性と女性。



大学生のようにも見えるわ。



お酒を頼むと、土瓶から高々とコップに注ぐのだけど、



このパフォーマンスがすごい!!1滴もこぼさず、そして表面張力ギリギリ。



DSC09889.jpg


DSC09881.jpg

お見事!!



このお店に若い店員さんって似つかわしくないように思ったけど、



そんなことなく、物腰も含め、このお店に不思議と合ってるのよ。



DSC09884.jpg
昔はご主人と奥様で営んでいた、武蔵屋。



先代が亡くなってから姉妹で営業されてたそうなんだけど、



今はお一人。



と、お隣の常連さんが教えてくれました。



この絶対に塗り替えられることのない歴史の中にいると、



胸が熱くなりますね。



DSC09883.jpg
3品目『鱈豆腐』
出汁で煮たお豆腐と鱈にポン酢をかけたもの。
これまた、人肌のお酒に合うのね~



DSC09887.jpg
壁に3杯までと書いてあって、
お客さんはみんなこのルールを守ってきてるんだろうな。



DSC09882.jpg


DSC09888.jpg
4品目『納豆』
このおつまみの素朴さがたまらないわ。



DSC09890.jpg
5品目『お新香』


ルールの通り、3杯のお酒でご馳走様。



席を立つと、通りには沢山の人が並んでました。



お会計はお酒3杯に一人2200円。そしてビール代。



たった2200円でこんな素敵な時間を過ごせるとは。



DSC09892.jpg
今はお一人で頑張っていらっしゃる女将さん、
御歳なんと☆☆歳だそうで。※女性なのでね・・・



写真をお願いすると、快く撮らせてくださいました。



わたしが産まれる前からここにあった武蔵屋さん



いつまでも、いつまでもここにあって欲しいですね。



流石、名店と呼ばれるお店だったわ。



ご馳走様でした。




辰屋の「神戸牛 焼肉懐石」【2名様にプレゼント】


横浜鶴屋町「ハマ横丁」


食べログ グルメブログランキング








risu.gif


b_04.gif


武蔵屋日本酒 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0



スポンサーサイト
別窓 | 居酒屋 | コメント:6 | トラックバック:0 
<<ちょい呑みに最適な野毛の入口~フライの店ひのでや~@横浜 野毛 | 女性の品格 | 梅干しはやっぱり酸っぱくないと!!>>
この記事のコメント
no.1238:
こんにちは。
念願のご入店、おめでとうございます(笑)。野毛にもマッタリできるお店は他にもありますが、いつまでも残ってほしい遺産ですよね、がんばってほしいです。
2012-07-13 Fri 08:34 | URL | まさや。 #SFo5/nok [内容変更]
no.1239:じっくりと読ませて頂きました
歴史はお金を積み上げても買えないません
そしてオーナーの人柄も同じくらい大切ですね

3杯までか~、
でもこのつまみではそのくらいがいいところかも

2012-07-13 Fri 11:03 | URL | takorin43 #- [内容変更]
no.1240:武蔵屋は
名居酒屋ですよね。
初めてお邪魔したのに店に入った瞬間、
とても懐かしい感じがします。
何年たっても変わらぬ酒のアテ。
これが良いんですよね。

あ~ 書いてたら行きたくなってきた(笑)
2012-07-13 Fri 13:04 | URL | オリゾー #- [内容変更]
no.1241:Re: まさや。さん
まさや。さん
ホントに念願でした!!
いいお店ですね~ あそこで働いてる若いアルバイト?さんたちが
羨ましいな、って思いましたよ。
店主にはいつまでもお元気で頑張っていただきたいわ。


2012-07-17 Tue 10:04 | URL | ちまき #- [内容変更]
no.1242:Re: takorin43さん
takorin43さん
いつもありがとうございます!!
本当にそのとおり。 歴史は買えないですものね。
3杯なので、このおつまみで丁度いい感じです。


2012-07-17 Tue 10:06 | URL | ちまき #- [内容変更]
no.1243:Re: オリゾーさん
オリゾーさん

あの店主は、いったいどれくらいの量のおからを今までに
作ってきたんでしょうね。
きっと日本一ですよ!!

また行きたいお店です。


2012-07-17 Tue 10:07 | URL | ちまき #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 女性の品格 |