基本呑み歩き 横浜~野毛~そして時々都内 美味しいものを求めてどこまでも。
http://nk11723.blog45.fc2.com/
懐かし過ぎるラーメンなのです~自由軒~@横浜 日ノ出町
わたしにとって、多分一生忘れないお店。



まだお酒を飲み始めてまもない頃、それはそれは毎日



アホみたいに呑んだくれていた訳で(笑)



そういう頃って同じような悪友がいっぱいいるのよね、また。



そんな酒呑み悪友の1人が教えてくれたお店。



アルバイト終わって夜11時、そこから居酒屋で呑んで



カラオケで散々歌って、3時、4時に辿り着く、



場所も怪しげな映画『不夜城』を思い出すような長者町の路地裏。



DSC07865.jpg
『自由軒』


古い佇まい、9人も入ればギュウギュウの狭い店内。



夏の暑い時は外でラーメンを啜っている光景も。



散々呑んだ後にこの自由軒に来るのが、



わたし達の、のん兵衛コースだったの。



あぁ、 懐かしい。



あの頃、その悪友が「ここは絶対ワンタンが美味いんだよ」と



言っていたのを思い出して



DSC07862.jpg
『ワンタン麺』
透き通るスープは、あっさりしていて、
これが呑んだ後にスルスルと入ってしまう。
ツルンとした喉越しのワンタンもあの頃のまま。



ちなみにラーメンは500円。



DSC07863.jpg
『餃子』も結構なボリュームなの。


DSC07860.jpg


1品料理もあるので、ここでちょっと呑んでラーメンってのも



いいのかもしれないわね。



でもなんとなく中華は昼呑み、のわたしとしては



自由軒が夜しかやっていないのが寂しいところではあるんだけど。



DSC07864.jpg
『五目チャーハン』
写真では見えないけど、中には海老がごろごろ。
固めのご飯がパラリとして後を引くの。



言ってみれば街角にあるよくあるラーメン屋さんかもしれない。



でも、なんかわたしにとっては青春の味なのよね。



当時の悪友は可愛いお嫁さんもらって



もうわたしとは宵のラーメンは食べてくれないけど



わたしは、まだ自由軒でラーメン食べてます(笑)



懐かしい大将の顔を見て思わず



「美味しかった~ ○年ぶりなんですよ」って言ったら



目を細めて笑ってくれました。



わたしにとっては若気の至りで色々冒険してたころ



その懐かしさが蘇ってくる、そんな一生の想い出のお店なのです。



わたしも大人になったな~ なんて(笑)



自由軒ラーメン / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5






横浜鶴屋町「ハマ横丁」


食べログ グルメブログランキング








risu.gif


b_04.gif

スポンサーサイト
別窓 | 中華 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<老舗の鰯屋で鯵を喰らう~村田家~@横浜 野毛 | 女性の品格 | 拝啓 仙人様 ~ホッピー仙人~@横浜 野毛>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 女性の品格 |