基本呑み歩き 横浜~野毛~そして時々都内 美味しいものを求めてどこまでも。
http://nk11723.blog45.fc2.com/
このCPとボリュームは、わざわざ行って並ぶ価値あり!!~ローリエ~@横須賀 長井
一昨年の夏に、富士山に登ってご来光を見てから、



富士山に魅せられて止みません。恋をしてると言っていいくらい(笑)



富士山の頂上から見るご来光も念願の、だったので感動的だったけれど



実は下山してから、富士山って登るより、見るほうがいいな。



そんなことを思っておりまして(笑)



近場で富士山の見える場所を探しては、行ってシャッターチャンスを狙っている休日。



カメラ女子というより、完全にオタクなおじさん的な(失礼!!)趣味になってるかも。



最近のお気に入りの富士山スポットは、三浦半島の諸磯湾。



足げく通っているのだけど、時間・その日の空気、などで、なかなか美しい富士山を



撮ることが出来ないのよね。



写真って難しい・・・  だから面白いってのもあるけど。



この日も、三浦半島へ富士山の写真を撮りに行こうとドライブ。



近いい三浦、という京急のキャッチフレーズ通り、横浜から三浦半島は



ドライブするのにも、電車でも日帰りで丁度いい距離。



夏場は混むんだろうけど、オフシーズンは空いているしね。



で、せっかく三浦半島へ行ったら、美味しいもの食べたいじゃない?



鮪? いやいや魚介もいいけど、この日はお腹が空いていてガッツリ気分だったので



長井漁港の近くにあるこちらのお店へ。



IMGP7749.jpg

『ローリエ』ランチのピーク時間を外していたので、並んでないっ!!ラッキー♪



前回行ったのは三浦マラソン走った後だったんだけど、



長蛇の列で、マラソン後で倒れそうにお腹空いてたのに、1時間くらい待ったもんね。



でも、今回も店内は満席で、わたしたちの後にいらした方たちは並んでたわ。



IMGP7739.jpg

ランチセットのスープ

シェフは真面目一本!!といった感じの方で、
わき目もふらず、フライパンや鍋に向き合ってるの。
料理に対する真剣さが伝わってくる感じ。



カウンターにのせられてる、数々のおかず達を見てると、ヨダレが出そう~。



IMGP7741.jpg

『手作りハンバーグ&エビフライ』
これにスープとライス(or パン)がついて980円!!

このボリューム、すっご~い

ハンバーグもね、すっごく大きいのよ。
もちろんお味も、文句なし。ふんわり柔らかくて、そしてジューシー。
ソースがものすごくご飯が進む味。



IMGP7743.jpg

エビフライもサクサクで、身はプリプリ。
もちろん、尻尾まで残さず頂きます♪



そして、お連れさんの、(というか2つ頼んでシェアした)こちら



IMGP7744.jpg

『ミックスフライ』
こちらも、スープとライスがついて980円!!


コロッケ・ビーフメンチ・エビフライの三種類。
これがね、ボリュームもさることながら、美味しいのよ。

コロッケのじゃがいもの甘さには感動。



IMGP7747.jpg

メンチも大きいのが1個だから、食べごたえあり。



そういえば・・・前回も同じメニュー頼んでる。進歩ないな(笑)



牡蠣フライもすっごく食べたかったのだけど、何せてんこ盛りの牡蠣フライ。



お連れさんが牡蠣フライはちょっと・・・な人だったので、牡蠣フライは見送りに。



次回は牡蠣フライ食べたいぞーーー!!



IMGP7748.jpg

付け合せのポテトサラダも、マヨたっぷり、そしておそらく
じゃがいもにキタアカリを使ってるんじゃないかな。
サツマイモかと思うくらいの甘さにびっくり。



食べきれなければドギーバッグもOK。



お家でも楽しみたい人は、カウンターに並んだお惣菜を買って帰ることも出来るわよ。



流石にこれだけ食べちゃうと、しばらく洋食はいいかなぁ・・・



って気分になっちゃうんだけどね。



そしてよっこらしょ、と重たくなったお腹をさすりながら、



諸磯湾へ行くも、ちょい雲が出ちゃって(腕のせいもあるけど)



理想には近づけず、残念太郎。



IMGP8572.jpg


ホントはね、静岡・山梨まで行って、近くで撮りたいけど



日帰りしんどいし、宿取って行って、天気悪かったら泣けるので未だ実現出来ず。 



いつかダイヤモンド富士とパール富士を撮ってみたいなぁ。



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

食べログ グルメブログランキング









グルメ ブログランキングへ


b_04.gif

スポンサーサイト
別窓 | 洋食 | コメント:10 | トラックバック:0 
| 女性の品格 | NEXT