基本呑み歩き 横浜~野毛~そして時々都内 美味しいものを求めてどこまでも。
http://nk11723.blog45.fc2.com/
一番美味しいものを知ってるのはオジサン達なのかもしれない。~小半~@横浜 野毛
わたしが学校を卒業して、新卒で入社した時。



既にバブルは崩壊し、話しに聞く煌びやかなOL生活とはなんぞや。と言う



地味なOL生活だったのよ。



でもね、入った会社が良かったのか。



上司が残業の後や、打ち上げだ、と色々美味しいお店に連れてってくれたのよね。



今思うと、毎日のようにその上司のオジサン達と呑んでたわ。



上司と言っても親より年上の人ばかりだったけれど。



当時は「食べログ」なんてものも無かったのに、オジサン達はホントによく



美味しいものを知ってたなぁ。



今で言う予約の取れないお店、みたいな所じゃなくて、



普通の居酒屋さんでも、大人数でワイガヤしてもOKで



お料理も美味しくて、しかもリーズナブル。なお店ね。



今はあの吉田類様がいらしたからか、ネットでもかなりの人気の某大衆酒場も、



職場の裏にあったので、残業後のご飯はいつもそこだったしね。



野毛にもよく行ったなぁ。



そう。やっぱりオジサンには敵わないのです。



IMGP1408.jpg
こちらも、オジサン達が集うお店。野毛の『小半』『こなから』と読みます。
お店を出てから外観を撮ったので、電気が消えてしまってるけど・・・



土日祝日がお休みの、まさにサラリーマン御用達のお店。



IMGP1398.jpg
1階が満席だったので、2階へ。2階は座敷席なの。これがまたいいのよね。



お客さんは見事にわたしたち以外、オジサン。



嫌いじゃない、むしろ好き。こういう雰囲気。



というかわたしもオジサンに溶け込んでしまってるのかしら(!!)



IMGP1397.jpg
お通しは『ブリ大根』いい味付け。



IMGP1399.jpg
『タコブツ』も吸盤が吸い付くようで歯ごたえアリで美味しい!!
(ピントが合ってないのは、新機に不慣れの為・・・ご愛嬌で)



IMGP1400.jpg
『炙り〆鯖』
こちらのお店は、鮪や鯨のお刺身もお勧め。
もちろん〆鯖も絶品よ。



IMGP1401.jpg
『白子』は生で登場。これは嬉しい。
クリーミーで臭みは全くなし!!



IMGP1406.jpg
『玉葱と生ハムのサラダ』



血液サラサラ~、なんて言って



健康診断の話しなどしながら熱燗のおかわり。



わたしたちも充分オジサンぽい(笑)



IMGP1405.jpg
野毛が初めてのお連れさんには是非食べてもらいたい
『鯨カツ』



オジサン達が楽しそうに呑んでるの見ると、



うちのパパも、あんな感じかな~。なんてちょっと楽しくなるのよね。



家では頑固オヤジだから。



きっと野毛の酒の妖精は、オジサンの姿をしてるんだな。



それにしても、今回の写真はひどいブレ様で失礼しました。



【翌朝もっちり】夜寝る前のご褒美。乾燥・たるみ・くすみ何でもOK夜用美容液30名

今はもうちょっと新しいカメラの扱いに慣れてきております・・・。




横浜鶴屋町「ハマ横丁」


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

食べログ グルメブログランキング









グルメ ブログランキングへ


b_04.gif

スポンサーサイト
別窓 | 居酒屋 | コメント:2 | トラックバック:0 
| 女性の品格 | NEXT